主日礼拝の案内

(礼拝は毎日曜日10時15分から始まります)


 

1.奏楽 オルガンの演奏によって礼拝が始まります
2.招詞 司式者(牧師)が聖書を朗読します。
3.讃詠 讃美歌 1番の4節を歌います
4.主の祈り 讃美歌 93−5Aを全員で朗読します
5.交読文 聖書の詩編は旧約聖書に収められた讃美と祈りの詩です。司式者と会衆が交互に読み交わします。
6.讃美歌 讃美歌21から選ばれた曲を心を込めて声を合わせて歌います。
7.聖書 司式者が旧約聖書と新約聖書を朗読します。
8.祈り 司式者が代表して神様への讃美・感謝・悔い改め等を祈ります。
9.讃美歌 讃美歌21から選ばれた曲を心を込めて声を合わせて歌います。
10.使徒信条 讃美歌 93−5Bを全員で朗読します
11.説教 牧師が聖書の御言葉を解き明かします。
12.祈り 牧師が説教の終わった後に祈ります。
13.讃美歌 讃美歌21から選ばれた曲を心を込めて声を合わせて歌います。
14.献金 献金は神様の恵みに応える感謝の印です。献金当番が回りますので自由にささげてください。
15.頌栄 讃美歌の27番〜29番のうちの1曲を歌います。
16.祝祷 新しく始まる一週間の生活が神様の祝福の中にあることを牧師が祈ります。会衆は神様の祝福と力を受けて再び世につかわされていきます。
17.奏楽 礼拝が終わると共に新しい一週間が主と共に始まります。

トップへ