フランス語の学習 


ここは英語・TOEICのサイトなのに、どうして?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、ついにフランス語のページを作ってしまいました。なぜフランス語か?と言われれば、「英語にも役に立つから!」という私の経験によるものです。

でもTOEICスコアを上げたいという方は、当然ながら英語のの勉強に専念した方が間違いなく効果は高いと思いますので、ちょっと気分転換に、と思われた方。また長期的に英語を勉強するのに、趣向を変え視野を広げてみようという方。ちょっとこのページをのぞいて見て下さい。

また本格的にフランス語を勉強されている方、仏検を受験されようとしている方、また私の個人的な趣味ですが、フランス車に興味をもたれた方なんぞはメールでも下さい。一緒に遊びましょう(勉強しましょう)!


★フレンチ・エンターテイメント

「知的で、楽しく、美しく」。それが私のポリシー(多分)。という訳で、勉強も楽しくなくちゃ意味がない!
ちまたのスカしたフレンチ・テイストは、キライなあなた!フランスを楽しむために、こんなの如何でしょうか?

『TAXi』
日本でも人気を博したこの映画をもはや説明する必要もないでしょう。フランスといえば今まで恋愛映画・ファッションといった上品・オシャレなイメージがありますが、反面フレンチが好きな人というのは、ちょっと勘違いしてる、厭味、スカした奴!と、口には出さないものの周りから白い目で見られていたものです。
しかしこれを見てフランスのイメージがガラリと変わった人も多いのではないでしょうか?ラテンのノリで楽しいフランスの世界を是非ご堪能下さい。

TAXi TAXi2 TAXi3

『アリゼ』
フランスの音楽というと、高尚(?)なシャンソンを思い浮かべるかもしれませんが、意外や意外。フランス人はアイドル、しかもロリータ系!?のかわいい女の子がお好きなようです。

古くは「夢見るシャンション人形」を歌ったフランス・ギャル、そしてシャルロット・ゲンズブールなどが有名ですが、今は“アリゼ”という女の子が売れているようです。
このアリゼという女の子、元ミュージシャンにプロデュースされ、デビューしたという、まるで日本の“つんく”と“松浦あや”のような関係。オフィシャルサイトで視聴もできますので、試しに如何でしょうか?

アリゼ・オフィシャルサイト

アリゼ・インタビュー

『プジョー』
フランス車いいですよ。パリの街中に良く似合うオシャレでシックなデザイン。座り心地が良く、ドライバーを疲れさせない優しいシート。小さくてもキビキビ走る元気なエンジン。オシャレの道具としてもアシとしても絶品です。

"http://206info.com/index_history.html"より

プジョー・ジャポン
現在このプジョーの“206”(「にーまるろく」と読む)というクルマに乗っています。
最高にカッコイイデザインが受けて、売れに売れまくっている206。でもメジャーになり過ぎてチョット複雑な気分・・・。

206 XT FAN
私と同じプジョーに乗るこのサイトの管理人さんは、プロのウェブデザイナー。私の本のデザインも、お願いしちゃいました。
管理人さんの方針のためか、自然とクルマが好きでオシャレで、そして仕事をマジメに考えている人達が集まるようになり、私もこちらのサイトの集まりにちょくちょく参加させて頂いています。時々メンバーで集まっていますので、フランスとプジョーに興味のある方は是非どうぞ。

『パリの友達』
 やまだないと/著 ナツヨウコ/著 ベストセラーズ 1800円(税別)

私がフランス、パリに行った時、少々残念なことだが、特別な感動は何もなかった。憧れたパリの街並も古い建物が多いせいか、東京と比べ、薄暗く寂しい印象が残るだけであった。また現在フランスは移民の国と言えるほどで、雑多な人種が集まり、もうパリジャン・パリジェンヌの国ではないのだと実感したものだ。それでも私たちは、フランスの文化に、パリに憧れてやまない。この本はそんな現実を踏まえながらも、フランス、パリへの情熱を静かにかきたててくれます。フランス大好きな女の子はこの一冊を! 【★★★★★】

◆『webmasterから一言』
あまりフランスのオシャレばっか否定すると、私のセンスも疑われてしまいそうなので一言。一応身だしなみには気を使っているつもりです。最近はバーバリーのブラック・レーベルをよく買って着てます。
またラテンのノリばかり強調すると(そりゃお酒を飲むのは大好きですが)、性格を疑われそうなので、言わせて下さい。趣味でクラシックを聞くという上品?な一面もあったりします。


★イージー・フレンチ:フランス語はじめの一歩

『NHKフランス語会話

フランス語に興味のある方は、まずNHKのフランス語講座は如何でしょうか?私が難解なフランス語もイヤにならず、スムーズに入っていけたのはテレビのおかげかな。文法も覚えるべきものから、ステップ・バイ・ステップで詰め込み過ぎないところがミソでした。文法の本には書いていないようなこともシッカリ説明していましたし、またフランス語で悩みがちなスペルの読み方なども、詳細に丁寧に説明していて大変助かりました。

NHK外国語講座新スタンダード40(サンプルムービーあり)

DVDすぐ使える基本表現
フランス語会話 Vol.1&2(Amazon)

グラビアアイドルとして有名な仲根かすみちゃんが生徒役として出演していたものを、DVD総集編としてまとめたものです。ただのアイドルと侮ることなかれ、結構真剣にフランス語を勉強していたようで、マジメに勉強する姿勢には胸がキューンときちゃいます。

現在のフランス語講座は國枝先生が担当していますが、こちらはどちらかと言えば文法重視派。一方DVDの大木先生は実践重視派で、実際に使えそうな表現を覚えさせようという趣旨でした。私としては双方の路線が違ってたおかげで、幅広く勉強できて良かったです。

『はじめてのフランス語』
ファブリス アルデュ ナツメ社1500円(税別)
フランス語を始める人の為の本としてはこれがベストだと思います。会話、文法、単語を初心者向けにバランス良く配置しているので、無理なくフランス語の世界に入っていけます。【★★★★☆】


★ロード・トゥ・フランス:フランス語検定はいかが?

さてイージー・フレンチをやってみて、もう少しフランス語を勉強してみようという方、試にフランス語検定を受けてみては如何でしょうか?
多少英語を、TOEICにチャレンジしたことのある人には3級から始めてみることをお薦めします。

語源の所でも説明しましたが、英語はフランス語から大量に語彙を取り入れた言語なので、フランス語と英語の単語は驚くほど似ています。なので単語を一つ一つ覚える手間も省け、勉強も他の受験者と比べ相対的に有利になるはずです。
フランス語の場合、動詞の人称変化や、男性名詞・女性名詞といった英語にない複雑な文法規則が多々ありますので、最初はちょっとキビシイと思われるかもしれませんが、それさえクリアーすれば大丈夫です。実際私の場合も文法の学習が中心で、単語の勉強は文法のテキストに出てくる例文の分だけ覚える程度でした。

フランス語検定の過去問題集などをみると、かなり難しく、敷居の高い資格のように思えますが、実際の試験はそれよりも易しいので、気にせずにチャレンジしてみて下さい。私も当初、ダメだろうな〜と思っていました(笑)。

財団法人フランス語教育振興会
実用フランス語技能検定試験

ちなみに3級の学習時間の目処は200時間と言われてますが、私の場合確実にそれ以下だと思います。2003年3月末頃から本格的に始めましたが、本の出版や異動があって、思うように時間がとれませんでした。それでも11月の試験に合格し、恥をかかずに済んでます。逆を言えば、その程度の資格なんだと言えるかもしれません。でもそんなわずかなものでも、英語とは違った世界を見ることで言葉に対する視野が広まりますし、私たちの日常にあふれるフランス語の意味が分かるようになるので、ちょっと新鮮に思えてきます。

◆『男性名詞・女性名詞の区別』

フランス語をおぼえる際、きまって悩まされるのが、名詞が男性と女性に分けられることです。この男性・女性名詞の区別は、「単語毎に全て覚えるしかない!」、とよく言われるのですが、実は一定の法則があります(例外も多いですが)。名詞の語尾のパターンで、おおよそ男性か女性かの区別がつくようになっています。この規則を頭に入れておくと楽ですので、参考にして下さい。

♀女性名詞♀
語尾が“−e”で終わるものは7割が女性名詞です。
他にも語尾が“−ion”となるものは女性名詞です。
♂男性名詞♂
語尾が“−e”でないものは男性名詞が多い。
ただし“−age”、“−isme”は語尾が“−e”でも男性名詞です。

以上、簡単でしょ。もっと詳しいことは『《仏検》3・4級必須単語集』を読んでみて下さい。

3級合格までに使ったテキスト

しかし習い始めの勝手が分からない状態だったので、アレコレといらない本まで買ってしまったな〜と思っています。なので一度通しただけで、それ以上使わなかったテキストが結構多かったんです。
そんな中で、繰り返し一番使ったテキストは『フランス語トレーニングコース』でした。動詞の活用と文法を非常に詳しくかつ体系的にキチンと整理して説明していることがポイント。さらにかつ書かせることに主眼を置いているので、イヤでも文法を覚えます。
『3・4級必須単語集』は4・5回通したくらいかな。でも例文に覚えるべき単語を集約させるDuo方式だったので、見出しに付いている単語は比較的早く覚えられて助かりました。繰り返し使ったのはこれぐらいです。

『フランス語トレーニング・コース3段階チェック式』
斎藤昌三/著 白水社 2200円(税別)
徹底的に「書かせる」ことで、非常に難解なフランス語の文法を身に付かせることが出来る本。英語の文法の勉強は必要ないというのが私の持論ですが、フランス語は別です。仏文法の場合、練習問題を何度も繰り返し書いて、体で覚えることが文法習得の一番の早道だと実感できます。今までテキストをさらりと「流して読むだけ」だった人が、次のステップに進むために是非お薦めです。【★★★★★】

『デイリーコンサイス仏和・和仏辞典
三省堂編修所/編 三省堂 2500円(税別)
携帯型の「コンサイス」タイプ辞書。仏和・和仏の両方セットとなっていますが、中身も詰まっていて収録単語数も必要にして十分。むしろ私は、覚える必要のないものまでコテコテつける方が迷惑!と考えているので、構文・イディオムを適度に絞り込めてピッタリです。また仏和辞典の場合困った事に、大型の辞書にも語源の解説が無いので、携帯型の辞書で十分です。さらにこの辞書は単語のカナ読みや、同じ意味となる英単語を載せてくれたり、基本動詞活用表もありと、フランス語を学ぶ者にとってウレシイ機能もしっかり付いています。【★★★★☆】

『フランス語ライブ教室「発信」できるフランス文法参考書』
宇田川博/著 駿河台出版社 2500円(税別)
私のサイトで説明している『不定詞』の話は、この本を参考にさせて頂きました。ただ丸暗記する文法ではなくて、なぜこんな用法が使われるのか?を分かり易く説明しています。またフランス語の文法を習うと、今まで知らなかった英語の文法を知ることが出来るので、大学でフランス語を勉強された経験のある方は一度読んでみては如何でしょうか?【★★★★★】

『《仏検》3・4級必須単語集 Petits pois』
久松健一/著 白水社 1600円(税別)
英単語のDuoを同じコンセプトで作られています。CD付きで、一つの例文に複数の暗記するべき単語を詰め込み効率的にフランス語を覚えることが可能です。例文も非常に豊富で、関連語句や反意語なんかもキッチリ載っています。特に名詞・形容詞の接尾語の活用表は関連語句を覚えるのに非常に便利。この活用表だけでも買う価値はあります。【★★★★★】

あ、そうそう。フランス語に興味のある人も『英語は欠陥語!』を読んでみて下さいね。冠詞の話とか「フランス語の欠陥?」なんかも書いてあるので、結構参考になると思います。






◆ちょっと残念だったテキスト

何冊か買っちゃったけど、『コレクションフランス語シリーズ』。言い回しなどの表現も整理・分類されておらず、その数が少ない。適当な文章を使っての、行き当たりバッタリの感が否めませんでした。単語にはちゃんと訳語も添えられてましたが、その訳語も辞書と乖離していて、本来の意味とは違うものが多かった。またテキストの傾向も仏文科向けのものが多く、傾向も仏検とは乖離しているようです。【★☆☆☆☆

また英語とフランス語を比較した本を何冊か買いましたけど読みもしませんでした。『英語は欠陥語!』の参考にしようと思って買ったのですが、やっぱっり英語とフランス語とでは文法が違いすぎます。どちらかと言うと、英語は元ゲルマン語系の言葉だけに、文法はドイツ語と似てるんですよね。

Yahoo!Shopping からもこれの本は買うことができますので、こちらも使って下さい。

トップページへ戻る