医療法人社団 太陽岡部会 岡部眼科

国分寺駅南口より徒歩1分 地域に根ざした医療を提供します

目の病気

目の病気にはさまざまな症状があります。
代表的な症例について説明いたします。

緑内障

目から入ってきた映像を脳におくる視神経に送る器官に異常をきたし、視界が狭くなっていく病気です。中高年に多い症状で、進行がおそく自覚症状がほとんどありません。緑内障は40才以上の20人に1人が発症する病気です。視界がせまくなる症状がでていなくても定期的な眼科検診が必要です。

加齢黄斑変性

黄斑とは網膜の中心にある黄色の部位です。視力に維持や色の判別をする重要な場所です。この黄斑が加齢により異常をきたした状態を加齢黄斑変性といいます。視野がゆがんだり、中心が暗くなる症状があります。

糖尿病網膜症

糖尿病の三大合併症のひとつで、成人が失明するもっとも多い原因となる病気です。網膜が酸欠状態になると、酸素を得るために新たに血管を生やします。これを新生血管といいます。新生血管はもろく、簡単に出血してしまいます。出血がおきると増殖組織が出血を覆い、これが網膜剥離を引き起こすことがあります。自覚症状がほとんどないまま病状が進行します。糖尿病を患っている方は、定期的な眼底検査をしてください。

黄斑円孔

黄斑部の中心付近に穴があく病気です。加齢により硝子体皮質に張力がかかり、硝子体皮質と中心で繋がっている網膜が牽引され、亀裂が生じます。失明することはありませんが、視界の中心が暗くなる、視力低下、ゆがみなどの症状がでます。早期の治療でほとんどの場合、穴を塞ぐことができます。

黄斑浮腫

黄斑部が、血管から漏れだした血液成分により浮腫ができる病気です。糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症などが原因となります。視力低下、ゆがみの症状がでます。