医療法人社団 太陽岡部会 岡部眼科

国分寺駅南口より徒歩1分 地域に根ざした医療を提供します

最新機器3D OCT導入

当院では3次元眼底像撮影装置3D OCT-2000 (TOPCON社製)を導入しました。OCT(光干渉断層計)とは網膜の状態を計る機器です。CTスキャンのようにX線を使わず光の反射を利用して網膜の断面映像を映します。

この機器の導入により、今までの検査ではわかりにくかった網膜の状況を映像化できるようになりました。
緑内障・加齢黄斑変性・糖尿病網膜症などの疾患に対して治療方針の決定、経過観察や疾患の早期発見・早期治療に効果を発揮しています。

3D OCTで得られる画像

TOPCON社製3D OCT-2000

検査対象疾患

緑内障(初期の症状も検知できます。)
加齢黄斑変性症、黄斑浮腫、黄斑上膜、
近視性黄斑症、黄斑円孔、糖尿病性網膜症、
滲出性網膜剥離,網膜剥離など

OCTによる検査に関して

OCTは最新機器ですが、検査結果を読み取る技術に診断が左右されることがあります。特に緑内障初期の診断にはそれが顕著に現れます。眼科専門医認定されている医師による診断が望まれます。