医療法人社団 太陽岡部会 岡部眼科

国分寺駅南口より徒歩1分 地域に根ざした医療を提供します

スペキュラーマイクロスコープ(SP-3000P)

角膜内皮細胞を撮影、解析する機械です。コンタクトレンズによる疾患の有無、白内障などの手術前、手術後の経過観察に使用されます。 角膜は透明な5層の膜からできていて、一番内側にある膜を角膜内皮細胞といいます。角膜内皮細胞は一旦こわれると再生することはありません。また加齢とともにその数が減少していきます。 角膜内皮細胞の数をスペキュラーマイクロスコープで数えることにより、コンタクトレンズ装用が可能かどうか、白内障手術が可能かどうかを知ることができます。


角膜内皮細胞

スペキュラーマイクロスコープ (SP-3000P)

コンタクトレンズ装着の皆様

長期間にわたり使用している

一日に長時間しようしている

使用期限を超えてしようしている

上記に該当する、コンタクトを使用されている方は、角膜内皮細胞の チェックが必要です。特に痛みを感じることなく検査できますので、安心して受診してください。